« サボッテナントナク描ク | トップページ | (´・ω・`)マタヤッテシマッタ »

2005年5月29日 (日)

交響詩篇エウレカセブン

rakugaki 私はヒキ(最近デブも付くかも(´Д`;))アニオタなので良くアニメを見ます。それで今回ハマっているのが「交響詩篇エウレカセブン」。

内容はリンクサイトで確認してもらうとして、私がこのアニメでイイ!!(・∀・)と想いハマったところは主人公の少年「レントン」。

この少年、自分はきっと何かできる!と信じて疑わない。そしてこの今の理不尽(?)な環境や状況を、どうにかしたくてしたくてどうしようもないが何もできない自分にイライラしている。

この設定が、最近私が“なんだかなぁ”と感じている「新世紀エヴァンゲリオン」からの流れの“何をしてももうダメなんだ”と決め付け諦めて息をしている主人公とは違い、生命感あふれ輝いている命の感じが、このくすんでしまった私の心に眩しくて(笑)

とてもドキドキしながら毎回観ています。

そして思わずこの物語を引っ張っていく主人公達「レントンとエウレカ」楽描きをしています。

私は心におもわずドキューーーーン!!ときたモノは描きたく描きたくてしょうがなくなる習性があるみたいです(・∀・)

アニメやイラストだけではなく人や動物、服やアクセサリなんでも。

交響詩篇エウレカセブンはそんな作品です。

今後が楽しみです(・∀・)

|

« サボッテナントナク描ク | トップページ | (´・ω・`)マタヤッテシマッタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99656/4325622

この記事へのトラックバック一覧です: 交響詩篇エウレカセブン:

« サボッテナントナク描ク | トップページ | (´・ω・`)マタヤッテシマッタ »