« ココロノメモ2 | トップページ | 謎ばとん »

2005年10月10日 (月)

人間トハ。生キルトハ。

毎週楽しみにしているアニメ『ブラックジャック

知らない人はいないほどの手塚治虫原作の医者ヒューマンドラマです。

そして今日の話はピノコの出生の話。

原作を読んだときにも考えさせられた『人間とは。生きるとは。』

これと同じく小さいころに観たテレビドラマ『カネボウヒューマンスペシャル 小児病棟』

(脚本:早坂暁 主演:桃井かおり※ビデオ絶版 横浜の放送ライブラリーで視聴することが出来るらしいです)

これは生まれた時に奇形で排泄しかできない赤ん坊を取り巻く人間ドラマ。

母親には別のちゃんとした赤ん坊をその母親の子として伝えてあるので本当のことを知らない。

桃井かおり演じる看護婦が赤ん坊にひと目会わせたく抱えてすれちがう。

そのときの母親の言葉。

子供ながらも心にずしんと重い何かを感じました。

この2つの物語。

表現方法は違くとも伝えるものはたぶん同じ。

人間とは。生きるとは。

|

« ココロノメモ2 | トップページ | 謎ばとん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99656/6339531

この記事へのトラックバック一覧です: 人間トハ。生キルトハ。:

« ココロノメモ2 | トップページ | 謎ばとん »