« 夏こみ情報【番外編】 | トップページ | 夏終了(´・ω・`) »

2006年8月12日 (土)

オ婆チャン、終ワッタヨ。

今日、害虫駆除剤をまた、たくとのことでまた家からおん出されました。

仕方ないのでノートをまた外に持ち出し、家の小さな庭でDVD観賞することに。

ベルヴィル・ランデブー

お婆ちゃんが誘拐された孫を探して救出するというストーリーのフランスアニメ映画なのですが、これがすごい!

日本人にはちょっと受け入れがたいかもしれませんが個性的な絵柄。

最初と最後にしか台詞なしと言っても過言ではないほど、殆どない台詞。

ものすごく切なくて、でも暖かい演技と演出。

確かに過剰なディフォルメな絵と演出なのですが、それが嫌味でないむしろその世界の呼吸を感じるほどです。

 

右肩上がりの盛り上がるだけ盛り上がり、急にストン!っと静寂に。

そして最後の台詞。

ジーンとして涙がこみ上げてきました。

 

すばらしい。心から素晴らしいと言えるアニメ映画でした。

日本人には無理なのかなぁ・・・ただ忘れてるだけでこういう素晴らしいモノを創れると思うのだけど。

|

« 夏こみ情報【番外編】 | トップページ | 夏終了(´・ω・`) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99656/11402182

この記事へのトラックバック一覧です: オ婆チャン、終ワッタヨ。:

« 夏こみ情報【番外編】 | トップページ | 夏終了(´・ω・`) »