« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月26日 (日)

初メノ三歩目(`・ω・´)

Konte

スキャニングが面倒なので携帯で撮って貼り付けしました。

何かを描くとき私はいつも

①コンセプトに合わせて自分の心の中にある想いを妄想してみる

②その妄想の中の世界の登場人物を紙に起こす

③今回はマンガなのでコンテを切る(イラストではここで構図のラフを描く)

④原稿にコンテを踏まえて修正したモノを下描きする

⑤ペン入れ(カラーではここで色塗り)>仕上げ>取り込み>修正

そして完成。

 

 

 

コミケ原稿締め切り(消印有効)まで あと3週間

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

鍋ぱーてぃー・・・ソシテ・・・

今日は久しぶりに専門学校の友達に会いに東京に行きました。

そして男5人で鍋パーティー。

私が海鮮アレルギーなので普通の寄せ鍋に。

Img117

そしてむさぼる男たち。

Img120

もちと鳥のつくねダンゴが中々美味しかったです('∇')

 

そしていつもコミケ本に参加してくれる「柴田浩司」君の家に集まったので作品制作現場をパチリッ。

Img119

 

結構色々白熱した討論(?)をしてきました。

久しぶりに疲れた&面白かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・最寄の駅に着き歩いて帰路を急いでいると、急に覆面パトカーに止められ職務質問。

住所・氏名・生年月日を聞かれ、鞄の中身を見せて開放されました。

一体何があったのか?もしかして偽者の警察なのか?

謎は謎のままに・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

冬ノこみっくまーけっと参加決定(・`ω´・)

Img078

今日東京の板橋にFFXIオンリー同人即売会『ヨバクリ?』にめておっちさんのお友達の風住エモさんが参加されるとのことなので、めておっちさんに着いて行ってきました。

会場で楽しいお話とスケッチブックに絵を描いているところをジーーー(・`ω´・)っと拝見させていただき、有意義な時間を過ごさせて頂きました。

エモさんとそのお友達さんご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした&ありがとうございました!

その中の会話に「そういえば今日webで冬のコミケの合否が分かるね!」という話しになり、すっかり忘れていた私は「えぇぇーーΣ(゜д゜|||)」と思い出させてもらい、とりあえず予定の士郎正宗さんの「2007年カレンダー」を購入し、めておっちさんと分かれて帰路に。

そして先ほど確認してみると・・・。

貴方のご登録されたサークルは、日曜日 東地区 “H”ブロック 17a  に配置されています。

キターーー(・∀・)ーーーー!!!

参加決定です(・`ω´・)

 

今回も新刊を予定しております。

情報が出次第またここに掲載したいと思います。

今回もどうぞよろしくお願いします(・`ω´・)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

ジンセイ=not simple

最近どうもウツになるようなモノばかり読んでるような気がします。

私も健全な男子としてエロを求めるわけですが

そこで利用しているサイト「萌えた体験談コピペ保管庫(注:激エロです)

その中のこれこれこれを最近読んでしまいました・・・(注:これも激エロです)

自分のことでもないのに・・・落ち込んだり、やるせなくなったり、苦しくなったり・・・(・´ω`・)

十分エロいのでそれはもう気持ちよく楽しまsくぁwせdrftgyふじこlp;@:(*´Д`*)

 

 

そんな毎日を送るなか、今日発売の「not simple」オノ・ナツメさんのマンガを買ってきて読みました。

今まで私が読んだオノ・ナツメさんの作品は

とても庶民的で普通に生活している人たちの仕事や愛や友情やその他人間のかかわりがとても緩やかに、まるで「秋の晴れやかな空に浮かぶ雲」のようなそんな人生を描いたものでした。

しかしこの「not simple」という作品

簡単に言えば「これ以上ないくらいの不幸な男の一生の話」なのですが、そんなチンケな言葉では表せない深いマンガ作品でした。

淡々と進んでいく話。

とても少ない台詞。

いつものシンプルで無駄のない絵。

どんどんウツになる私。

そして

「本当に感じたいのは、もっと近くの人のぬくもりなのに」

という台詞。

 

 

直感で伝わる感じる想い出す自分の求めるモノ。

ウツの原因。

きっとずっと自分のココロに住み着くモノ。

 

 

そんなことを想う作品でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »