« アイモカワラズ | トップページ | ヒサシブリニ »

2007年4月19日 (木)

時カケワタ教

今日待ちに待った『時をかける少女』を買ってきました。

去年の夏、単館上映で東京まで観になったものの現地について時間を確認したところ、映画館員のおねえさんに

『本日の上映は上映全部満席です』

と言われ((((゜Д゜;))))人気過ぎ・・・午後4時ぐらいに行って後まだ3回ぐらい上映が残っていたのに・・・と観るのを断念しました。

そしてもう感想や批評はものすごいいっぱいありますので私がわざわざ書かなくてもよいと思うので書きません

が!?1つだけ・・・。

「このクオリティで実写で撮れないのか?この話は実写向けだと思うのに・・・撮ったら多分失敗すると思うのが悲しい(´・ω・`)」

 

こう観ると去年の夏アニメ映画は私には豊作だったんだなぁと実感しました。

 

 

そして最近木曜日午後10時からのフジテレビ系列ドラマ『わたしたちの教科書

こういういかにも社会問題を取り上げてますよっていうのは卑怯で好きではないのですが、菅野美穂の演技が好きなので見てみたら・・・。

【演出】【悲惨な話】この造りが・・・キツスギル・・・出来がいいのか私が涙もろいのか・・・。

観ていて、もう胸が張り裂けそうに・・・あぁぁ~まだ私にも良心が残っていたんだなぁと(´・ω・`)

続きが気になるというよりは『最後ハッピーエンドでホッとしたい』という思いで観てます。

|

« アイモカワラズ | トップページ | ヒサシブリニ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99656/14780059

この記事へのトラックバック一覧です: 時カケワタ教:

« アイモカワラズ | トップページ | ヒサシブリニ »