2009年4月 2日 (木)

オチケン

Otiken

さっき読み終わりなんかいいなぁ(*´Д`*)と感じたので久しぶりに感想を書こうと思います。

■漫画アクション連載の4コマ漫画『おちけん』:作家 川島よしお

大学の落研に北大路アンナという1年生が入部してくるところから始まります。

正直落語はまったく分からない私なので4コマだし雰囲気のみで買いましたw

半分は予想通りちょっとこボケで落語の天才の主人公『加藤茶子』と鯉太郎師匠の孫で部員の『京マチ子』と津軽弁訛りのひどい新入部員『北大路アンナ』の起承転結こボケ4コマ漫画なのですが

そこに落語の有名話内容と主人公のちょっとした身の上や出演者とがうまい具合に相まって最後ホロっとしてしまう、『漫画で現代落語』のようなナントも言えない心地にしてくれるそんな優秀な漫画でした。

絵柄もなかなかシンプルで萌えでもなく劇画でもなく心地良い感じ。

ぜひお暇なときでちょっと何か読みたいなと思った時にお勧めです('∇')

 

しかし・・・私の絵似ない・・・。

そしてこれを描いてる時に急にPCのファンが唸りを上げ始めました・・・。

まあ前々からファンの調子が悪かったのですが今回の音はとてもヤバい感じで、いつファンが止まってもおかしくない音でした・・・。

なんだよー!今新しいのを買えるわけないじゃないかよー(´Д⊂

 

厳しい道のりでありんす・・・(´Д⊂

Otikenbook

| | コメント (2) | トラックバック (0)